インフォメーション

2022/08/30

「自分の気質を強みに変えよう」(2022年8月)

「自分の気質を強みに変えよう」(2022年8月)

ボディビルディングやフィジークなどコンテストに出場するのであれば

考えながらプランやプログラムを作らないとよほど天性のプロポーションを持っていなければトップにのぼりつめるのは難しい。

そのためには自分の身体(筋肉)の強い部分弱い部分を見極めて

まずは欠点になる部位の筋肉を造りバランスを整えなければならない。

バランスの良い身体とゆうのは左右の対象性だけでなく上半身と下半身のバランス(フィジークはおもに上半身を評価している)や筋肉の形やラインも重要となる。

身体はそのようにトレーニングしてある程度バランスを整えていくことができる。

身体が変わり自信を持てるようになれば行動や考え方も変わり

ネガティブからポジティブに物事をとらえやすくなる

自分にコンプレックスを持っていても他人より強い部分があれば補うことができる

要するに身体づくりは心に対しての影響が大きい

しかし身体と心のバランスをとるためには自分自身の気質にも目を向けなければならない

なぜなら心への影響として最も根源的なストレスは仕事や人間関係といった断片的な問題だけでなく「本来の自分の生き方」から逸脱した人生を送っているところに問題がある。

ではどうすれば対処できるのか

 

まずは他人の評価を基盤にした「他者報酬追求型」から

自分自身の喜びを追求する生き方「自己報酬追求型」に切り替えることが必要である

 

気質とは心理学では一般的な感情傾向から見た、個人の性質のことをいう

これは先天的に持っている刺激などに反応する行動特性であり

環境や状況によって変わる後天的な性格とは少し異なっています。

 

もともと持っている気質に悩み

本来理想であるはずの自由気ままな生き方をしようとするとストレスが付きまとい周りの目が気になったり、自分に自信が持てなくなったりする。

行動が消極的になり、周りの人間とうまく話すこともできなくなったりする場合もあります

 

このストレスが身体づくりにも大きな影響を与える

身体造りの原則として運動(トレーニング)と栄養、そして回復やストレスマネジメントなどのバランスがとれないと最大の結果は望めない

 

そのためには普段の生活でストレスを減らさないとマイナス影響を及ぼす

 

まずは自分の気質を知り人間関係が豊富な人は他人の気質を知ることでストレスを減らすことができる

 

私が興味を持ったのはSATイメージ療法というもの

SATStructured Association Techniqueの略で、構造化連想法を活用したセラピーを意味するとあります

 

私の場合はマイペース型で

お世辞や嘘がつけないほうで

競争より自分の世界に没頭し

人から認められるより、自分磨きに喜びがあり

自分の中にずかずか入ってくるタイプを苦手とします

 

タイプが分かれば期待してもいいことと期待できないことがわかります

これが分かれば人との付き合いもうまくいきます。

 

たとえば私に対して期待できることは

嘘や裏切りはないだろうし

気持ちはくみ取ってくれるだろうし何か頼み事もできるかなと

タイプとしては何か決めたら徹底的にはまり込むタイプだなと

 

しかし期待できないことは

競争力やチームを引っ張ったりとか

クイックな対応や発言はないかもしれない

うまくほめたりもできないし

周りと同じことをしてくれるだろうとかは考えないほうがいいです

もちろんこれは100%そうだとは言えないですが

自分のことが分かれば本来の自分が求めている方向に行動できると思います。

それがありのままの自分なので

 

人格気質、ストレス気質などそれぞれにタイプがあるのです。

 

ここに全部書けないですが、興味のある方はこちらを読んでみてください

 

https://www.jahbs.info/journal/pdf/vol24/vol24_7_2.pdf

 

https://www.exwell.co.jp/sat-temperament/#syucyaku

 

この本もわかりやすいです

「自分のDNA気質を知れば人生が科学的に変わる」(講談社+α新書) 新書

宗像 恒次 ()

 

うまく人間関係などに活かして極力ストレスを減らしたいですね

そうすれば身体造りにもプラスになり健康にとってもプラスになりますから

2022/06/20

「肉体アートで未来を乗り切る」(2022年6月)

「肉体アートで未来を乗り切る」(2022年6月)

子供の頃からアートが好きで

美術と技術工作の授業だけが楽しみでした

今でもアートポスターなどをネットで検索すると時間の許す限り

数千種類のものでもチェックします

             

私の家もどんどん写真やポスターが増えいずれ美術館みたいになるかもしれません(笑)

 

アートとは

何もないところから価値を生み出す人間的、創造的活動であるといいます。

いわゆるアイデアにつながることで

起業家にとっては社会が抱えている問題や解決法について創造的に考えて

新たなモノづくりやサービスを開発します

現在ある便利なモノやサービスは誰かのアイデアに基づいて作られたものなんですね

 

この「創造力」はとても重要で

人間が持つ能力でありAIとの違いはそこにあると思います

AIが進化していけば多くの人々が職を奪われることになります。

特にルーティーン化した仕事や

データや分析に基づいた仕事など

 

医療分野でもAI技術が取り入れられデジタルヘルスケア分野が発展してきています

これはAIを用いた予防、診断システムで腫瘍などの識別精度も高く、見逃す確率も減ることから大企業が共同開発に力を入れています

このシステムを導入することで医師の負担も減り、医師不足も解消することができます

https://www.nikkei.com/article/DGXLRSP507308_Q9A410C1000000/

 

このようなディープラーニングと呼ばれる機械学習は様々なものに適用され

アメリカでは2033年までに被雇用者の47%がコンピューター化される可能性の高い職業についているといわれています。

すごく恐ろしいですね

 

私たちトレーナーはAI化される確率は低いほうだと思いますが

マニュアル通りにこなすような指導なら人間は必要なくなりますね

なぜなら機会は24時間働けますし休んだりしないですから

要するに適当に働いていると雇用者から見れば必要ないわけです

どんどんAI化が進めばコストも下がり人件費も削減できるわけですから

 

人間がAIに太刀打ちするためには「創造力」「アイデア」を生み出す能力を高めなければいけません

もう一つは社会的交流です

コロナウィルスの影響で大きく社会的状況が変わり

オンライン化が進みリアルに出会って話す機会も以前ほどなくなってきました

この状態が続くと会話力や共感する能力が衰え、感情に対する適切な反応もできなくなり人間としての領域がさらに狭くなる可能性があります。

 

創造性に関しては子供から大人になっていくにつれ能力が低下していくという調査結果が出ています

これは好奇心と関係していると思われます

 

20世紀のアメリカの美術家ロバート・ラウシェンバーグは

「創造的な人々にとって最も重要なエネルギーはおそらく好奇心だろう」

と言ってます

いろんなことに好奇心を持ってチャレンジしていきたいですね

 

アートはただ見るだけでなく観察する

細かく観察し、描かれたバックグラウンドを想像し、創造力を養う

そしてモチベーションを上げる

モチベーションはエネルギーレベルを上げます

わたしはそのようにアートを利用しています

本物の絵画や版画などは買えなくてもポスターや写真だと

モチベーションのためなら投資できると思ってます

人間はモチベーションの向いているほうにしか進まないですからね

2022/06/01

「残り数㎝のトレーニング人生」(2022年6月)

「残り数㎝のトレーニング人生」(2021年6月)

年を取るのも早いですが1か月が過ぎるのも1日が終わるのも早く感じます

いくつまでトレーニングができるだろうか

自分が死ぬまでにあと何回ぐらいトレーニングできるのかと

ふと考える時があります

 

自分がいくつまで生きれるかは誰もわかりません

そこで「平均寿命」と「健康寿命」について考えてみました

2021年最新版】平均寿命と健康寿命の違い、知ってますか?|介護の相談窓口〜お役立ち情報〜|note

 

健康寿命ランキング2021【都道府県別】平均寿命との差は約10年! (40exchange.com)

              

「平均寿命」というのは産まれてから息を引き取るまでの期間の平均のことで

怪我をしたり、認知症になったり寝たきりになったとしてもその期間に含まれます。

 

2021年現在の日本の平均寿命は

男性8164

女性8774

と前年より伸びています

 

それに対し「健康寿命」は健康上の問題により、日常生活を制限されることなく暮らせる期間のことを言います

ただ長く生きるのではなくQOL「生命及び生活の質」が重要で

より良い充実した生活を送り生きていくことを意味しています

 

2021年現在の日本の健康寿命は

男性726

女性755

と世界では第1位なんですね

素晴らしい

 

トレーニングは健康でないとできないので

今から726歳まで週に3回トレーニングできるとすると

計算すると2500回程度ということになります

多いのか少ないのかよくわかりませんね

1年で150回程度ということになります

 

次に「健康寿命」を今度はカレンダーで見てみました

日めくりカレンダーというのがあります

11ページづつめくっていくカレンダーです

ものによって違いますが1年分を2㎝の厚さとして考えると

72歳まで生きたとして日めくりカレンダーを重ねたとしたら

72×2㎝で144㎝の高さになります

これを今までの人生でめくっていったとして

今現在は残り32㎝になっています(膝下のふくらはぎ3分の2くらいの高さ)

とても恐ろしい

 

しかしそれは現実問題としてとらえ

111秒を大切にしないといけないという気持ちがさらに強くなります

そう考えるとトレーニング以外のことも大切にしていかないといけないと思います

 

1度しかない人生を「どう生きるか」がわかる100年カレンダー

という本を読みました(大住 力著)

一度きりの人生を考えるためのワークブックです

 

今まで生きてきた人生を見つめなおし

自分の生きてきたストーリー(ドラマ)をしっかり読み取り、人生の分岐点や人との出会い、家族、友人とのつながり、仕事での成功体験や失敗、趣味や今までで楽しかったことなどを思い返し

これから生きていくうえで考え方や行動を明確にしていこうというものです

充実した日々を送るためのものですね

 

私もこのカレンダーを使って

一度きりのトレーニング人生、チャレンジ人生を計画的に進めていきたいと思います

あと何回大会に出れるか

年齢ごとに目標を立て

バック・キャスティングを行います

バック・キャスティングとは先にゴールを決めそこから逆算して現在までの行動を考えます。

そうすることで今やるべきトレーニングが見えてきます

 

その逆はフォア・キャスティングといい今を起点として未来を予測し計画を立てゴール地点を決めていくものです

 

私の場合は大会日程というデッドラインがあるのでバック・キャスティングが合っています。

 

そして自分のモットーとして

「地道に確実に」を強化していきたいと思っています

 

 

 

2022/05/24

「モチベーションの維持が最も重要」(2022年5月)

「モチベーションの維持が最も重要」(2022年5月)

何かを始める時は何かしら目標があるものです

自分を変えたいという気持ち

自分が変わることによって新たな人生を歩むことができる

その人生は素晴らしい

そこをイメージできれば強いモチベーションを持つことができます

長い間筋トレをやってきて

また長い間パーソナルトレーニング指導をやってきて

とても重要だと思ったことはどれだけ長く、そしてどれだけ強くモチベーションを持ち続けることができるか

その気持ちがより良い結果を生み出してきたと強く感じます

 

ある体育学研究の資料を読みました

島根大学教育学部の伊藤豊彦氏の

「スポーツにおける目標志向性に関する予備的検討」です

 

目標理論についての内容ですが2つの目標についての特徴について書かれていました

一つは熟達目標でもう一つは成績目標です

 

熟達目標の特徴は自分の能力認知の高い低いにかかわらず、一つの課題に対して努力し、たとえ失敗しても無力感に陥ることは少なく、他者への関心よりも自分の能力を伸ばすことや何かに熟達することのほうに関心があり、学習の過程(手段としてのトレーニング)そのものが重視され

他者との比較より努力の結果としての自分が満足できる達成結果を目指すことです。

 

それに対し

成績目標は自分が有能であると他者から評価されることに関心があり、他者に勝つことや成功することを重視する

能力に価値を置き、他者との相対的な比較の上での達成が重視されるのが特徴であり能力認知が高く成功が期待できる場合は挑戦的な動機付けパターンを示す。しかし能力認知が低くなると回避傾向や無力感を伴う行動をとる。

これらの目標を私に当てはめて考えると競技者として高いモチベーションをキープしていた時は成功目標を持っていて目標は1番をとること以外は考えていなかったようです

1番すなわちチャンピオンは別格で2位以下はそれ以外の選手となり

チャンピオンを獲得することは特別な存在になることを意味していたんですね

 

トレーニングという手段はあくまで過程であるが目標達成のためにはルール既定の枠内であればどんなことでもするという気持ち

 

しかし一つ間違えば身体も壊すし

勝利至上主義に陥ってしまえば

ルールの枠から外れ

競技選手がライバルの選手の飲み物に薬物を混ぜたり(2017年カヌー競技)

ドーピングも平気で行ったりする(ルール規定がなければ関係ないと思うが)

卑怯なやり方をする人も出てきます

 

だから自分自身でやることとやってはいけないことを線引きする必要が出てくると思います。

 

でも成績目標を持っているときはすごく強いモチベーションを持っていたと思っています。

だから競技以外のことはほとんど考えなかったし、競技に対しできる限りのエネルギーを注いでいたし

自分の変化を一番感じていた時だと思います。

 

引退後12年ぶりにパワーリフティングやフィジークに再度挑戦したときは考えは大きく変わっていました

年齢も50台になり

勝ち負けよりも

長くトレーニングを続けていきたい

いいコンディションを保ちたい

いつまでもチャレンジし続けたい

 

完全にその時には熟達目標に変わってきたようです

今の自分を少しでも高める為に今までやってこなかったことにたくさん目を向けるようになりました

だから勝ち負けより自分がベストを尽くせるかのほうが重要で

技術の習得や進歩に日々興味がある状態です

健康への意識が高まってきたのも、この影響が強いと思います。

 

どちらにしろ目標が強ければ強いほどモチベーションが高く

トレーニングに対する集中力も高く

継続性も高まるということなのでしょう

一度きりの人生なので、いつでも全力で日々過ごしたいですね

HIIT(ハイ・インテンシティ・インターバル・トレーニング)のように休憩もはさみながら。

2022/04/10

「筋トレを行う意義はトレーニング成長感にある」(2022年4月)

「筋トレを行う意義はトレーニング成長感にある」(2022年4月)

筋トレをする際、誰もが何らかの目的をもってジムにやってきます

私の経営するジムの場合

ほとんどの目的が

「筋肉をつけたり引き締めたりしてかっこいい身体を作りたい」

「体脂肪を減らして魅力的な身体を作りたい」

というボディメークとダイエットに関するものです

年齢が上がるにつれ健康への意識はさらに強まったとしても

やはり体型の改善も同時に達成したいという目的になっています

 

私自身約35年間のトレーニング人生の中で

トレーニングを行う意義が年齢とともに変わってきています

今でも筋肉の改善や筋力の向上に対しての想いはありますが

それよりも自分自身を成長させることに強い意義を感じています

 

意義という言葉は、事柄や行為などが現実に持つ価値のことをいいます

筋肉で変えられた身体に見合った人間になりたいと思っています

中身の伴わない見た目の筋肉ではなく

トレーニングを通して、筋肉を通して自分の成長を感じたいのです

そのためにはただ単にトレーニングしていればよいというものではないように思います

ではどうすればよいのかという話ですが

これはスポーツを通して得られる成長感と同じようなものだと思っています

 

その中の一つに「レジリエンス」という言葉があります

心理学的な意味としては

困難や脅威に直面している状況に対して、それを乗り越えうまく適応している状態を指しています

ストレスなどの外的な圧力を撥ね返す復活力や

逆境や困難に押しつぶされることなく外的環境に適応していく適応力などです

「レジリエンス」の中でも資質的な生まれ持った性質のものもありますが

獲得できる「レジリエンス」は

経験や体験、指導方法などで変化するものです

トレーニングへの取り組み方が大きくかかわってきます

日々地道にトレーニングを続け一つの目標を達成する成功体験

や努力から得られる喜び

それを経験すれば日々の積み重ねや継続の価値を知ることができ

どんなことにでも応用することができます

たとえつらいことがあったとしても意欲を保って行動することができます

 

自己管理能力についても同じです

例えばボディビルやフィットネス競技に出る場合や

そうでなくても理想の身体をどんなきつい思いをしても手に入れたいと

強く思っている場合は

ライフスタイルでも栄養の摂り方や休養のとり方、ストレスマネジメントに対して自己コントロールを行わないといけなくなります

しかし一度身体の変化を感じるとライフスタイルでの行動の重要性を認識するので新たな目標を持った時にも同じように自己管理するようになります

 

そういう経験や体験は一つの成功からはじまり努力というものが当たり前のこととして何事にでも向かっていけるのです

 

しかしそういう経験や体験がない人にとっては

ただ単につらい日々が続きます

だから結果が出る前に諦めてしまうのです

 

学生時代に運動部に所属していた人とそうでない人とを比べたリサーチがありますが「行動力」「社交性」「楽観性」などが有意に高いという結果が出ていることから運動を通して得た自信が

他のことにでも応用され物事をポジティブに考える思考や、トラブルが発生しても立ち直ることができたり、続けていれば何事もうまくいくと考える精神が

ある意味楽観性につながるのではと考えられます

 

トレーニングを通じて得られた自信や、忍耐強さ、何事にでもポジティブになる考え方や積極性など自分でも変化を感じているならそれが成長だと思います

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 ...

SCHEDULE

2022.10.02 Sunday