インフォメーション

2022/02/10

「病気にならない負けない体」(2022年1月)

「病気にならない負けない体」(2022年1月)

令和4年になりました

遅くなりましたがあけましておめでとうございます

今年初めてのメルマガになりますが

今回のテーマは

病気にならない体になるためには免疫力を高めること

そして精神的な部分が大きくかかわっているという内容です

沖縄でもコロナ感染者が増加しています

仕事柄人と接することも多いため

気を付けていても感染してしまう可能性があります

                                  

そこで気になるのは「免疫力」

いわゆるウィルスや細菌などの感染と戦う

体内の軍事力を高めることが重要です

 

生物には「ホメオスタシス」という恒常性が備わっています

これは内部や外部の環境因子にかかわらず

生理機能を一定に保つ性質のことで

体内の軍隊機能を一定に保ち常に戦闘態勢を保つことにつながります

 

そのために必要なことはホルモン、自律神経、免疫のバランスを保つことにあります

 

筋トレなどの運動は抗うつ作用を持ちうつ状態や憂鬱な気分による免疫低下を防ぎます

またストレスマネジメントによるリラックス効果はストレスによる免疫抑制を緩和します

 

身体のシステムは複雑なので

何か一つというのではなく総合的にアプローチしていく必要があります

脳と神経系のつながりから

精神的な部分が神経のネットワークに様々な影響を与えることが分かっています

 

そのことで精神と健康が密接に関係し、感情の持ち方で病気に影響を与えることになるのです

 

医学の祖と称されるヒポクラテスもこう言ってます

「健康は自分自身の内部や自分を取り囲む環境と調和がとれた時初めて実現される。つまり健康を保つには何よりもまず内外の調和に配慮し自然界の法則に沿って生きることが大切で、心の中で起こることはすべて身体の現象に影響を与えていく。」

 

生きている以上いろんなストレスはつきものですが

うまく立ち向かっていけない人や、感情的肉体的に適応できない人は

健康を損ないやすくなる原因を作ります

 

また年齢とともに免疫防御機構も弱まっていきます

人生経験を少しづつでも積んでいくとストレスの種類も変わっていきますが

ストレスへの対処の仕方も変わっていきます

 

ここで心の持ち方が重要になるんです

Cが重要になるんですね

 

Cの一つ目はチャレンジ

筋トレでも身体を変えるために今まで入れたことのない刺激を筋肉に与えるとからだは反応し変わっていきます

いわゆる挑戦です、それを励みに変えていくのです

励みとはやる気の源や心の支えになります

 

もう一つはコミットメント

心から熱中することです

私にとっては筋トレで魅力的な身体造り

心から熱中することほど楽しいものはありません

 

そしてコントロール

事態を切り開いていく、物事がうまく進展するような方向を見出す

それによって自分に自信を持つことにつながります

 

ストレスが色々あったとしても受け取る側の心の持ちようで

身体の内部のシステムにまで影響の与え方が変わるのです

いろんな方法はあるかと思います

筋トレは一つの方法だと思っています

自己防衛のための身体感覚を身につけて

病気に負けない心と身体を作っていきましょう

SCHEDULE

2022.05.22 Sunday