インフォメーション

2022/02/10

「短期間の立禅効果を検証します」(2020年5月)

「短期間の立禅効果を検証します」(2020年5月)

20209月から始めた立禅

9か月間1日も休みなく朝起きてすぐの立禅を15

部屋でも外でもジムでもどこでも行ってきました

最初の目的は感覚を磨くことにありました

年齢とともに進化する感覚です

この9か月間ではっきりと変わったという感覚はありませんが

何かが違う

その「何か」について私なりに検証してみます

 

15分間同じ姿勢を維持すること、単純に15分が短く感じるときもあれば長く感じることもあります

これは身体の状態でもそうなるし

心の持ち方でもそうなります

きつさを感じるのも感覚ではありますが

できれば五感を使ってきつさ以外を感じるようにするか

同時に感じることに集中します

 

見ている対象は外界ではありますが

いつぐらいからかあまり見えなくなりました

ほとんどが身体への意識です

呼吸への意識もありますがまだコントロールしきれません

時々苦しいですね

これは姿勢にもよるかと思います

6種類の立禅を行っていますが

腕を下げている姿勢での立禅は比較的呼吸をコントロールしやすいです

 

私の思考としては

一日の始まりなのでスイッチを入れる時間だと思っていて

まず天から宇宙から地球からエネルギーをもらいます

どのくらいエネルギーを得ているかなどわかりませんが

この年齢にして(55歳)以前にも増して疲れません

ただ生活スタイルでのコントロールがうまくなったこととかトレーニングのやり方を自分の身体に聞きながらできる経験値が高くなっていることも

関係しているでしょう

それと以前からほとんど病気をしないので

インフルエンザの注射もしないですし

風邪を引いたのも何年前かが記憶にないくらいです

コロナのワクチンは打ちたいですが()

 

それから感謝や健康祈願の時間です

まずは先祖や身近な人ですね、大切なものは近くにありすぎて見えにくいものですから

そこからどんどん拡がってくるといいなと思います

 

そして同時に今日一日全身全霊を尽くして過ごすという誓いを立てる時間です

なんか毎日が戦いです

自分との

「全身全霊全力」

それを思うことで時間が非常に大切になってきます

いつかは必ず人間は死にますので年齢とともに余計に感じるかもしれません

 

でもそのことでトレーニング中も1回の動作を大切にしますし

丁寧にするようになります

中身は濃くて充実します

しかし雑念や集中力のとぎれなどもあり

なかなかうまくいかないときもあります

でも気づいているのは確かです

気づくと何かしら変えることができます

 

毎日毎日力んで生活はしませんが

できるだけ集中したいです

仕事にも話にも、読書にもリラックスにもです

気が抜けませんね()

 

しかし立禅をするようになり以前より、より強く意識するようになったと変化を感じています

 

15分間に感じることも増えてきて

身体からの情報量も増えてきました

それに以前に比べると頭にくる、腹が立つというようなことも

確実に減ってます

私なりに分析すると

気持ちの持ち方を変えるだけでストレスが減ることが一番の原因だと考えられます

それが今起こっている状況で気づくことだと思います

気づくから変えれるのでしょう

 

結構感覚的なものかもしれませんが

良くなっていると感じれば、そこには私なりの進化がありますから

何かしら年齢とともに進化したいという考え方に当てはまりますね

だからこそ立禅をずっと続けたいと思います。

SCHEDULE

2022.10.02 Sunday