インフォメーション

2022/02/10

「自然健康法を使ったダイエット」(2020年11月)

「自然健康法を使ったダイエット」(2020年11月)

令和2年ももうすぐ終わりそうです

11月の中旬になり今思うことは

今までの1年間の過ごし方とは違った年になりました

 

コロナ感染症がなかなか収束のめども立たず

ワクチンが出来上がるのを待つのみ

といった感じです

 

トレーニングは普通に年間を通して行っています

ただ昨年は「WIRED GYM」でトレーニングしていたのが

今年はコロナのリスクを減らすため

嘉手納のジムでトレーニングしています

 

大会も延期となり1219&20日に行われる

ジャパンクラシックマスターズパワー大会のみ出場します

無観客で行われる大会ですが来年度に行われる?

かもしれない国際大会出場権をとるため参加します

 

今年の大会に向けダイエット法を変えました

年齢が55歳になり健康も考えたダイエットです

1800年代に開発された自然健康法で「ナチュラル・ハイジーン」

という方法を取り入れました

 

この「ナチュラル・ハイジーン」の基本的な考え方は

重要なのは「ダイエット」ではなく

「ライフスタイル」を変えること

それをすれば適切な体脂肪を維持できるという内容です

 

基本原理としては

   自らの浄化力(セルフクレンジング

   自らの治癒力(セルフヒーリング)

   自らの機能維持力(セルフメインテニング)

を引き出すということです

 

まず時間的な周期というものが人間にはあり

機能が活発になる特定の時間が24時間の中に周期として

存在しているということなんですね

 

これでみると正午から20:00までは

補給の時間で摂取と消化がメイン

 

20:00から朝04:00までが同化の時間で身体への吸収と利用がメイン

 

04:00から正午までが排泄の時間で体内の老廃物とかの排出がメインです

 

まずは大会に向け時間ごとに食事のとり方と内容を変えました

もちろん加工食品は避けます

なぜなら本来人間の身体は加工食品を処理するようには作られていないからです、だから内臓に負担をかけてしまいます

 

つぎに今まであまりとっていなかった果物、そして野菜から水分を摂るようにします(水を飲みながら食べると消化液を薄めてしまい消化を妨げる)

特に朝は消化の良い果物のみを食べます

 

そして健康法によると人間の身体は2つ以上の凝縮食品(タンパク質や炭水化物)を胃の中で同時には消化するようにはできていないので

 

昼はとり肉と野菜

14:00あたりに餅か米と野菜

17:00あたりにまた餅を食べ

19:00あたりに野菜と魚を食べます

それで食事は終了

餅は好物なので18個くらい食べます

 

その内容で体重が82kgから75~76kgまで減らしました

昨年だと餅は2個、米を茶碗1杯くらいまで減らしていたので

今回は楽に同じくらいの体重に減らすことができています

 

それと身体が非常に楽な感じがします

これは消化にあまりエネルギーを使っていないことが考えられます

 

まとめてみると

身体に負担をかけ、体内に毒を発生させるものとして

   食べ物の組み合わせが悪い

   水分量の多い野菜や果物が少ない

   凝縮食品が多い(果物や野菜以外の食品)

   食品添加物

   汚染された大気や水

   ストレス

など

 

そしてほとんどのボディビルダーが実践する高たんぱく食を

一般人と同じくらいの体重1kgあたりタンパク質1gくらいに減らしています

 

今回の減量はうまくいきそうです

これこそ無理なくできる方法の一つだと思います

SCHEDULE

2022.05.22 Sunday