インフォメーション

2022/02/05

「筋肉中年のインプルーブ」(2020年1月)

「筋肉中年のインプルーブ」(2020年1月)

私の人生

「筋肉」に覆われた人生

はたから見ると「ただの筋肉バカ」に見えるかもしれない

 

ほとんど365日筋トレ環境に漬かっています

この年齢になると長年の経験のせいか自分なりの味が出てきた

感じがします

 

どこにもない私なりの考え方ややり方、そして過ごし方

長いこと漬かってる漬物のように

人生が「発酵」してきた

「腐敗」ではなく(笑)

 

つくづく「幸せ」だと思う

 

筋トレ経験は私に素晴らしいベネフィットをもたらした

すごくいいものだから自然と伝えたいと思う

 

誰もが筋トレから恩恵を得られると確信してます

活用の仕方にもよりますが

 

興味がある人はすぐに始めた方がいい

 

まずは自分が持ってる筋肉を意識して動かしてみることだ

意識して意図的に動かす

くりかえしくりかえしで少しづつ動きをマスターしていく

 

その後もまだまだ良くなる動きをマスターするために

さらに繰り返しが続いていく

 

技術とはそういうものでシンプルに見える動きほど奥が深い

 

ずっと追求し続けても終わりがない

自分で「これでよい」と区切りをつけない限り

 

前にも言ったけど年齢とともに何かを失いつつ何か新しいものを得る

それを考えていれば希望が持てるのでやりがいもある

 

記録だけで見ると落ちてくることはわかっていても

求め続ける幸せがある

 

特に中年以降で気力や体力に衰えを感じる人が多くなるらしい

 

理由はサラリーマンであれば転職の限界ラインを感じたり

管理職になりさらにストレスが高まったりと様々かと思います

 

子供の事とかローンを抱えたりしていると動きもとりにくく

先が見えてくる感じがしたりすることもあるでしょう

 

「意欲」を持ち続ける

 

自分自身の進化を感じ続けることが重要だと思います

どんなことでも少しでも昨日の自分より良くなること

 

それを感じれば意欲が湧き上がってくることでしょう

 

筋トレでいう「漸進性の原則」

前回のトレーニングよりも少しでもストレスを上げていくことで少しづつ筋肉がついてくる

 

日々何かしらのプラスをつくっていく

人それぞれ何で変化を感じさせるかは様々ですけどね

 

もし中高年になって今まで筋トレやスポーツなどしてこなかったのであればなおさら身体を進化させることができますね

 

今まで見たことがない筋肉も目で見たり触ったりして実感することもできる

 

新たな目覚めが生まれる

これって年齢はあまり関係ないと思うんですがどうでしょうか

 

 

SCHEDULE

2022.05.22 Sunday