インフォメーション

2022/02/03

「魅せられる筋肉の見せ方」(2019年10月)

「魅せられる筋肉の見せ方」(2019年10月)

筋肉を「見せる」

「魅せられる」筋肉

 

どちらも筋肉に違いはありませんが

今の年齢くらいになると魅力的な身体とか魅力的な筋肉とは

どういうものなのかいろいろ考えます

 

インスタやFaceBookなどにはもろに筋肉をのせたりしますが

それはそれとして

 

普段の生活の中でどの様にみられているかも

ビルダーでもありフィジーカーでもあり、またパワーリフターでもある

私にとっては結構重要なことなんですね

 

仕事がらトレーニング指導している時は見るからに筋肉っていう感じでもいいかなと思っています

 

トレーニングでまず説明するときに筋肉の動きを見せるとわかりやすいですしね

 

しかしジムから出て筋肉もろ出しだとなんかいやらしい感じがします

ここで言ういやらしいは下品な意味ではないですよ

 

他の人から見て筋肉を強調しすぎやろといった感じですかね

 

若い頃はそれでもよかったんです

オードリーの春日みたいに肩幅を拡げて胸を嫌味なくらいふくらましたり()

 

タンクトップやぴちぴちTシャツを着て街中を歩く

そうすると目立つのでさらにモチベーションが上がって

もっとハードに筋トレするみたいないい循環ができてたんです

 

でも50歳を過ぎるとさりげなくみたいなのがいいのかなって

ただものではない感じ

ビルダーなのかよくわからんからさらに知りたくなる感じ

 

前腕に浮き出た血管とか

服の上からなんとなくわかるバランスがとれていて

鍛えてるなというのが分かる身体

嫌味がないカッコよさ

 

これって好みにもよりますけどね()

 

何が言いたいかというと

周りを見てみると中年以降の人たちは結構体型が崩れてきてる方が多いんですね

特におなか周り

 

私がそのおなかを見て思うこと

「こんな腹にはなりたくないな」と

 

私が同世代の方々に思ってもらいたいこと

「こんな身体になれたらいいな」

「こんな筋肉をつけたいな」

という

 

私自身がロールモデルとなって地道に周りに影響を与える存在になりたいんです

 

そう思ってもらえるくらいの筋肉(人によっては基準が違いますが)

それが魅力的な筋肉だと

 

見せるためだけを考えてると

何か一方的過ぎて

「すごい」とは思われてもそれで終わってしまう可能性がありますから

 

常日頃から意識して筋トレしたり食べたり休んだり

行動の仕方、話し方、物事の考え方、いつも誰かに見られている

といった意識が重要だと思います

 

そんなこと言ってる私自身まだまだなんですが

それもまた意識して行動しないといけないですね

 

 

SCHEDULE

2022.10.02 Sunday